秋田犬保存会徳島支部タイトル画像
  
秋田犬保存会について About Akitainu hozonkai

本会は昭和2年5月に当時の大館町々長泉茂家氏によって設立された。
これは此の地方に古代から伝承された土着犬(大館犬)が、闘犬がさかんになった事によって種族的な血液の混濁をきたし、雑種化されてゆくのを憂えての処置であったという。組織的な運営は容易ではなかったようであるが、昭和9年頃からは次第に軌道にのり、先ず犬籍登録が実施され、つづいて同13年には秋田犬標準も制定し展覧会が開催されるようになったが、戦争によって一時中断された。

 戦後はいちはやく復活、昭和22年からは展覧会を開催し、同24年からは会報「秋田犬」が発行されるようになり、28年5月からは社団法人組織に移行、運営されている。

 昭和24・5年頃からは全国各地に支部、総支部の設立がはじまって、現在では、東北北海道、関東、東海北陸、関西、中国四国、九州に総支部が置かれ、その管下には50余の支部があり、海外には、米国・ロサンゼルス支部と台湾支部がある。
そうして春秋2回の本部展・総支部展は勿論、各支部は年間1〜2回の展覧会を開催し、それ以外に観賞会や研究会を随時催している。

 尚、本会は昭和52年度が創立50周年に当り、それを記念して秋田犬会館が設立された。
1階は本部事務室、2階が会議室で3階が秋田犬博物室になっており、我が国犬種団体唯一の博物室として高く評価されている。

リンク 社団法人 秋田犬保存会本部 http://www.akitainu-hozonkai.com/

 
秋田犬とは What is the Akita dog? 先祖は秋田地方のマタギ犬で大きくて強かったため他犬種の血液導入が行われ闘犬として育てられた時代もありましたが、戦後日本に残ったよい血液を元に愛好家の研究と努力で天然記念物となり、日本を代表する秋田犬が誕生しました。
 
過去に、海外で秋田犬がブームになりました。ヘレンケラーが米国に連れて帰ったのが始まりで、その後占領軍により多くの秋田犬が持ち帰られ現在のアメリカンアキタの元になりました。
また戦時中は秋田犬にとって受難の時でした。食糧難の時代、大型犬は軍用犬となるジャーマンシェパード以外の大型犬は捕獲されたこともありました。しかし、熱心な愛好家により山里に純血の秋田犬を隠して絶滅の危機から守り天然記念物に指定され現在に至っております。
 
 
秋田犬の魅力 Charm of Akita dog 日本犬の最大の特徴といわれる立ち耳、巻き尾で日本犬の中でもっとも大型で堂々としています。主人に忠実で無駄吠えも少なく他の日本犬よりしつけは簡単です。
毛色は美しく、赤毛、虎毛、白毛の三種類があり、それぞれ濃淡があり赤毛は紅葉のごとく華麗で、虎毛は墨絵のごとく渋さに溢れ、白毛は古来より神の色とされ、神秘的で潔白さ十分。どの毛色も魅力に溢れています。
 
 
「秋田犬が人を咬んだ」「秋田犬は人を咬む」、最近は新聞、ニュース等でもあまり見かけませんが昔は時々聞かれました。秋田犬を愛する愛犬家の方達が、かみ癖のある血統、血液の排除や淘汰を行い、最近の秋田犬はとても温和しく人を咬んだ話はあまり耳にしなくなりました。
しかしながら、この問題は秋田犬に限ったことではありません。他の和犬、洋犬、大型犬、小型犬などすべての犬に当てはまることですが、犬に対しての飼い主の愛情と正しいしつけ、そして正しい管理ができているかどうか、飼い主の責任は重大でしょう。決して秋田犬だけが人を咬むことはありません。
むしろ、いとおしいくらいの愛情深い日本犬であることは間違いありません。
  
 

社団法人 秋田犬保存会
徳島県支部
支部事務所
〒773-0001
徳島県小松島市小松島町領田二十ルピア
とくしまペットハウス内 金本章
0885-33-4125
090-4787-2162
秋田犬.netとskiken.orgタイトル画像
Copyright(C) 2011. akitainu-hozonkai-tokushima